トランプ大統領&安倍首相が世界をリードする

行き過ぎたグローバリズムに反対のトランプ氏に期待しています。 日米関係は重要ですが、その目に,自分の国は自分で守る。 日本にも世界の常識が通用するように、 自主防衛強化、自主憲法制定の 機会がやっと、訪れました。 安倍トランプで、中国の暴走阻止!! これからの世界経済はどうなっていくのか? 安倍首相の動向を中心におつたえします。 韓国経済崩壊は近いのか? 中国経済は,大丈夫なのか? トランプ大統領で、世界経済はどうなる? TPPのゆくへは? 日本経済はデフレから脱却できるのか?

    2017年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    日本よ、今...闘論!倒論!討論!2017


    一流論客陣が本気で論じる、充実度NO.1の討論番組。

    他では聞けない、まさにホンモノの議論を展開していきます!

    1月28日(土)    テーマ:どこへ行くアメリカ?そして日本-トランプ大統領就任   


    パネリスト(50音順):    
    古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授)    

    佐藤健志(評論家)    

    関岡英之(ノンフィクション作家)    

    中田安彦(国際政治アナリスト)    

    福井義高(青山学院大学教授)    

    馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)    

    丸谷元人(ジャーナリスト・危機管理コンサルタント)    

    渡邉哲也(経済評論家)       

    司会進行:水島総(日本文化チャンネル桜代表)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    パネリスト:  髙英起(デイリーNKジャパン編集長)  

    菅沼光弘(アジア社会経済開発協力会会長・元公安調査庁第二部長)  

    西岡力(「救う会」全国協議会会長・東京基督教大学教授)  

    福島香織(ジャーナリスト)  

    室谷克実(評論家)  

    用田和仁(元陸上自衛隊西部方面総監 陸将)  

    渡邉哲也(経済評論家)

    司会:水島総

    ※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、

    『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。 http://www.ch-sakura.jp/579.html ◆チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



    ユネスコは現在、本来の設立主旨から逸脱した政治プロパガンダへのお墨付き機関と成り下がってしまった観があるが、 特に日本を標的に、「南京大虐殺」や登録申請中の「慰安婦」などを“アジアン・ホロコースト”と呼び習わして、 あたかも日本がナチスドイツのホロコーストに匹敵する国家犯罪を犯したかのように印象操作している。

    これに反論の声を挙げたのが「カナダ・イスラエル友好協会」であり、 イスラエルが危惧する「ホロコースト」の政治利用や「神殿の丘」問題と共に、国連機関の実態を告発している。

    今回は、「カナダ・イスラエル友好協会」のディレクターを務めるミロスラス・マリノス氏をスタジオにお迎えし、 ユネスコに意見書を送った経緯やその真意、日本人に求める「国連幻想」からの脱却などについてお話しいた だきます。


    ゲスト:ミロスラス・マリノス(ジャーナリスト

    /カナダ・イスラエル友好協会ディレクター)



    ※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため

    『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております 以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。

    http://www.ch-sakura.jp/579.html

    チャンネル桜公式HP http://www.ch-sakura.jp/

    このページのトップヘ